スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Dejavu or REAL
LUNA SEAが今年のクリスマス・イヴに『GOD BLESS YOU ~One Night Dejavu~』と題した再結成LIVEを行うようです。
場所は7年前に自ら幕を下ろした東京ドーム。

現時点では一夜限りの復活ということで……「One Night Dejavu」というフレーズに何か物寂しさを感じてしまいます。

正直、今の時点ではただただ驚くばかりで、特別な感慨というものはあまり湧いてきません。
情報も少なく、メンバーがどういう思いでこの決断に至ったのかも分からない状況です。

僕にとって、LUNA SEAというのは未だに特別な存在であり続けています。
彼等は常に「現在」を感じさせてくれる不思議なバンドでした。
過去の曲を演奏する時も、単なる懐かしさではなく「現在」の彼等の音楽をファンに示してくれていた気がします。
その彼等が、7年もの空白を経て2007年末という時間帯に忽然と現れる……

それは「現在」の彼等の実像なのか。
あるいは一夜限りのデジャヴに過ぎないのか。

今はまだ、この「現象」をどのようにとらえたら良いのか分からないでいるところです。
スポンサーサイト
【2007/08/28 23:50】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夢魔
ライジング・サン・ロックフェスティバルにおいて、BUCK-TICKのステージをほぼフルで体験出来たのはまったくの偶然でした。
たまたま「Earth Tent」と呼ばれるエリアでお客さんの整理をしていた時間帯、まさにその時その場所で彼等は演奏していたのです。

「Earth Tent」はその名の通り、テント内にステージと客席が用意されたエリアです。
LIVE中、ファンで一杯になったテント内はライブハウスを思わせる熱気に溢れていました。

僕が体験したBUCK-TICKは、彼等の生み出すサウンドや音楽性というよりも、彼等の発するオーラ――それもオーラの断片のようなものに過ぎなかったかも知れません。
しかしそれでも、それまで僕がBUCK-TICKに抱いていた印象をまるごと覆すには十分なものでした。
それほどにヴォーカルの櫻井敦司さんが放つオーラは凄まじかったのです。

櫻井さんが立つステージは神秘的で邪悪な殺気に包まれていました。
その雰囲気が最高潮に達したのが『夢魔~The Nightmare~』という曲です。
某動画サイトでは櫻井さんを「魔王」と呼ぶ人がいるようですが(笑)、この曲を歌う櫻井さんの姿はまさにその名に相応しいものでした。
勿論雰囲気だけではなく、低い音域でありながらあそこまで声を「飛ばす」技術にも驚嘆。
未体験の領域を垣間見たような、不思議なひとときでした。

それにしても「きっかけ」とは大事なもののようです。
もしもライジング・サンに参加せず「Earth Tent」に近付く機会がなかったら、僕はBUCK-TICKに再注目することも『夢魔~The Nightmare~』という曲を知ることもなかったでしょう。

今までにない体験が出来たこと、そのきっかけに出会えたことに、まずは感謝。
そしてこれからも、いろんなきっかけに巡り逢えますよう(-人-)
【2007/08/27 22:30】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Vimana
♪Vimana(mp3)

2年程前に作った曲の、再録音です。
かなり気に入っていた曲なので、きちんと作り直したいと
前々から思っていたんですが、諸般の事情により先送りしまくりでした。
んで、一応完成版としたのがこのバージョンなのですが…
久々の音作りだったんで、どうも音量バランスの感覚がイマイチ掴めてないですね。
とりあえずベースははっきり聴こえてるからいっかな、と(適当)

さて、曲名の由来ですが…
「ヴィマーナ」というのはインド神話に登場する飛行機のことです。
『真・女神転生Ⅲ』ではマガタマのひとつとして登場しています。
再録音にあたって、メロディの一部にシタールの音を入れてみましたが、
これでだいぶ雰囲気が出たような気がしますね。
なんだかインドに行きたくなってきました(嘘)
【2007/01/31 18:22】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
空白から見つめる時間軸
♪空白から見つめる時間軸(mp3)

久々のオリジナル曲ワッショ━━∩(´∀`∩(´∀`∩(´∀`∩(´∀`∩(´∀`∩)━━イ!!!!

取り乱しました。はい。

えっと、この曲はですねー、
無気力感溢れる、ゆらゆら系浮遊曲とでもいいましょうか。
効果音大会ともいいます(何

てゆーか、ある意味実験ですね。
脳内カラッポ状態で曲を書くとこういうのが出来る、
ということが判明いたしました。

基本パートが少なく、長さもそんなにないのですが、
なにしろこんぴーたーがヴァカになってるので、
カタチにするまでにかなり手間取ってしまいました。
ファミコンみたいにバグるPCなんて、もうヤです・゚・(つД`)・゚・

というわけで、どーでもよくなりたい時に聴いてください。
きっとどーでもよくなるハズですヽ(´ー`)ノ
【2006/06/08 20:46】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
恒例のヤツ
年の瀬は「第九」。
年明けは「ウィンナ・ワルツ」。

コレデイイノカ?
ダマサレテナイカ?


…と毎年思うんだけど、よくよく考えてみればクラシックの中でも普段あまり聴こうと思わない曲たちですからね。
年末年始くらいはじっくり耳を傾けてみても良いかもしれません。

…しかし、それで本当に良いのか?
そんなありきたりな普っ通の年越し年明けで良いのか?

…って思う人は多分多いハズ。多分。ハズ。
そんなアブノーマルなプレイ時間を過ごしたい人向けの選曲を考えてみる(今から!?)

まずは年越し。
「第九」と言ってもいろんな交響曲作家がいるわけだから、何もベートーベンにこだわる必要はないはずだ。
ショスタコーヴィチの9番はインパクトに欠けるし、シューベルトは番号が変わってしまったのでなんかめんどい。
かと言ってマーラーとかを選んでしまうと、いかにも「俺は濃いぜ」と主張しているようで好ましくない。だいたい本来のマーラーの交響曲第9番は「大地の歌」のハズだし…
ブルックナーは筆者はしょっちゅう聴いてるので新鮮味に欠ける。
ここは思い切ってハイドンあたりはどうだろうか?
筆者も聴いたことないが。

次は新年。
これはなんか難しい。ワルツとかに拘るならチャイコフスキーのバレエ音楽なんかが無難だろうか。交響曲第5番の第3楽章も良いかも。
その線でいくと交響曲第6番第2楽章の「5拍子ワルツ」あたりマニアックで良いかもしれないが、勢いで4楽章まで聴いてしまうと一気にな年明けとなってしまうのでお勧め出来ない。
シュトラウスつながりでリヒャルト・シュトラウスというのもアリだが、なんかネタとしてはありきたりだ。
リヒャルトにするなら選曲に拘るべきだろう。カラヤンのこのCDなんかいいかもね。「死と変容」「メタモルフォーゼン」「4つの最後の歌」が入っている。暗いけど。
間違っても「ツァラトゥストラ」なんか聴いてはいけない。

まぁなんだかんだ言ったところで、もう年は明けてしまったので後の祭りなんだが。
【2006/01/03 13:19】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。