スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
分裂
FOTAが新シリーズ立ち上げを発表!(F1-Live.com)
2009.6.19 16:59

ヨーロッパ時間18日(金)の真夜中、8つのF1チームの連合体であるFOTA(フォーミュラ・ワン・チームズ・アソシエーション)がF1世界選手権の分裂を正式に発表した。

チーム側が声明を発表したのはFIAが設定した交渉期限である19日(金)に入って数時間後というタイミングだった。FOTAは2010年F1世界選手権に条件付きでエントリーしていたが、チームへの分配金、シリーズの運営と統治、そしてレギュレーションにかんしてFIAとFOTAの間で妥協点が見いだせずにいた。

FOTAの声明には「FIAと商業権保有者(FOM/フォーミュラ・ワン・マネジメント)はFOTAを除外する行動に出た。主要チームの願いは無視されたのだ」と記されている。
さらに「加えて2006年以降の何千万ドルもの分配金が、商業権保有者からチームに支払われることがなされないままとなってきた」とも付け加えられた。

この声明を発表したのはBMWザウバー、ブラウンGP、フェラーリ、マクラーレン・メルセデス、ルノー、トヨタ、レッドブル、トロ・ロッソの8チームだ。
声明には「そのためこれらのチームにとって、参加者とパートナーが価値を見いだせるような新しい世界選手権を設立するために準備を開始する以外、選択肢がなくなった」とも記されている。

その新シリーズに関しては、名称や使用サーキット、開始年といった詳細はまだ明かされていない。現時点ではそのシリーズのグリッドを埋めるのは8チーム16台になりそうだが、各チームがマシンを3台ずつ出走させることになれば、24台でのバトルが見られることになるだろう。

「この新シリーズは透明性のある統治や1セットのレギュレーションを取り入れ、参加者を励ましつつファンの願いに耳を傾けることになる。さらに世界中の視聴者やパートナー、他の重要な利害関係者にとっても魅力的な価格を約束する」
「主なドライバー、スター、ブランド、スポンサー、プロモーター、そして歴史的に高いレベルでモータースポーツを支えてきた会社が、この新シリーズと関わることになるだろう」

しかし、この新シリーズ設立に関してはさらなる政治的な問題を解決する必要があるだろう。フェラーリとレッドブル系2チームは過去にFIAと結んだ協定が存在する関係から、FIAによって無条件エントリーを行ったと判断されているのだ。

FIAおよびその会長マックス・モズレーと提携し契約を結んでいるFOMのCEOバーニー・エクレストンはすでに、新シリーズに対して法的に戦うことを明言。今後、すでにF1と契約を結んだ各グランプリの主催者やテレビ局と交渉を行うことを明かした。
そのため、新シリーズがモナコ、スパ、モンツァといった伝統的なサーキットでレースを行えるかどうかは今後の交渉と展開次第ということになる。一方、FOTAのプランには伝統的なイギリスチームであるウィリアムズや、インドの資本で運営されているフォース・インディアは含まれていない。この2チームはすでに、2010年はF1世界選手権に参戦することを決めている。

今シーズンが始まる前から燻っていたF1の政治的対立はついに極まり、このような事態に至ってしまいました。

グランプリを統括するFIAと、チーム連合であるFOTAの対立軸となったのは、来シーズンから導入が検討されていた「予算キャップ制」です。予算キャップ制とは、チームがマシン開発やマネージメントに使う予算の上限を約60億円に制限しようというもの。
一般的な感覚からすれば非常に大きい金額に思えますが、現在F1に参戦しているワークス(自動車メーカー)チームは、その10倍以上の予算を使っていました。来年からいきなり予算を10分の1に減らすというのは、各チームが血眼になって勝利とタイトルを目指すF1レースの中ではかなり難しい要求だといえるでしょう。
それだけならばまだしも、FIAはこの予算キャップ制をチームによる選択が可能な形とし、導入したチームには大きなアドバンテージを与えるという二段式のレギュレーションを提案していたのです。これにはフェラーリなどの古参チームも猛反発をし、来シーズンのF1からの離脱をほのめかすなど、FIAに対する牽制を強めていました。

結局、フェラーリも含めた全チームがエントリーを提出することにはなったのですが、予算キャップ制の撤廃などの条件付きエントリーとなりました(いち早く来シーズンの参戦に踏み切ったウィリアムズとフォース・インディアはFOTAから除外)。
FIAとFOTAは何度も協議を行い妥協点を見出そうとしましたが、FIAは一歩も引かず、ついにはフェラーリを筆頭とする8チームによる新シリーズ立ち上げの宣言となったわけです。

F1がこのような分裂状態に陥った背景には、FIAの長年に及ぶワークスチームに対する圧迫がありました。
FIA会長であるマックス・モズレーは、際限なく続くチームの予算拡大に以前から懸念を示し、度重なるレギュレーションの改定を行ってきました。
モズレーの一貫した主張は、グランプリにかかるコストの削減。
大規模な予算を必要とするようになった現在のF1では、チーム経営が非常に難しくなっており、新規チームの参入などほとんど見込めなくなっています。コストをできるだけ減らし、資金のあるチームとそうでないチームとの差を極力なくすことによって、どのチーム、どのドライバーにもチャンスがあるようなグランプリにしたいというのが、モズレーの目標なのでしょう。それはそれで、ひとつの理想型といって良いかもしれません。
しかし、毎年のように繰り返されるレギュレーションの大幅変更によって、チームはその都度新たなマシン開発を余儀なくされることとなり、結果としてかえってコストの増大を招くという皮肉な事態に陥っています。さらにエンジン開発禁止をはじめとするがんじがらめのレギュレーションは、技術者にとっても開発意欲をそがれるものであり、ワークスチームはF1への参戦メリットをどんどん失っているように思えます。
FIA主導による近年のF1のあり方が、今回の分裂騒動の伏線になっているのは間違いないでしょう。

さて、FOTAの立ち上げる新シリーズは果たして成功するのかどうか。
今のところ名前も何も決まっておらず、具体的な形は何一つ見えてきません。今回の発表はFIAに対する牽制に過ぎず、FIA側から妥協を引き出すことさえ出来ればまたもとの鞘に納まるということなのかもしれません。
分裂といえば思い出されるのは、アメリカにおけるCARTの分裂劇。
IRLの立ち上げによってそれまで人気を博していたインディカー・レースは勢いを失い、CARTを引き継いだチャンプカーはIRLに統合吸収されるという事態になりました。
FOTAによる新シリーズが実現すれば、今までにないハイレベルなレースが楽しめる魅力的なシリーズとなるのは間違いないでしょう。フェラーリ、マクラーレンといった有名チームが名を連ね、F1ワールドチャンピオン経験者を含む最高峰のドライバーたちが本気でしのぎを削りあうことになるのです。
しかし、どんなに面白いレースが見られたとしても、そこに「F1」の名はありません。
個人的にはFOTAの目指す新しいレースイベントを見てみたいと思いますが、いつかは「正真正銘のF1」が戻ってくることを強く願っています。
スポンサーサイト
【2009/06/20 19:47】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
崖淵からの生還
朝青龍、引退の危機はねのける(MSN産経ニュース)
2009.1.25 18:40

 大相撲の西横綱朝青龍(28)=本名ドルゴルスレン・ダグワドルジ、モンゴル出身、高砂部屋=が25日、東京都墨田区の両国国技館で行われた初場所千秋楽で、1敗で並んだ横綱白鵬との優勝決定戦を寄り切って制し、5場所ぶり23度目の復活優勝を遂げて、引退の危機をはねのけた。

 全勝だった朝青龍は本割で1差で追っていた白鵬に敗れたが、決定戦で雪辱した。優勝23回は貴乃花を抜き、大鵬、千代の富士、北の湖に次ぎ単独の史上4位。全休明けの横綱が賜杯を抱くのは、平成2年九州場所の千代の富士以来となった。

 朝青龍は左ひじを故障し、先場所まで3場所連続休場した。今場所前も調整遅れが目立ったが強行出場。進退を懸けた場所で奮闘ぶりが人気を呼び、国技館は連日、大歓声に包まれた。

昨日は千秋楽だったことをうっかり忘れ、慌ててテレビをつけたのが午後5時30分。
本割の横綱決戦は見逃してしまい、優勝決定戦だけ見ることが出来ました。

立ち合い、鋭く当たっていった朝青龍は素早く左の下手を差しました。
白鵬は右の上手の深いところを取りますが、懐に入られて十分な力を出せません。
頭をつけた朝青龍は右の前まわしも引いて万全の体勢。
白鵬を一気に土俵際まで追い詰め、最後は吊り出し気味で寄り切りました。
本割での失敗を踏まえ、さらに自身の持ち味であるスピードを十分に生かした相撲だったと思います。

場所前はいろいろと言われていましたね。
怪我もあり、稽古不足なのは明らかだったので仕方のないことではあるんですけど。
始まってみれば朝青龍は初日から連戦連勝。
14日目まで勝ちっぱなしという凄まじい強さを発揮しました。
もっとも、内容的には危なっかしい場面も随分あったのですが。
持ち前のスピードと勝負勘で危機を乗り切り、ついに23回目の優勝を果たしたのでした。

結果が良ければ、他人の評価も変わるもので。
マスコミもこぞって「朝青龍復活」を書き立てていますね。
勝手に人の進退を決めようとしていた評論家とか、
横綱審議委員会にいるあの妖怪みたいな婆さんとかは、何も責任取らなくていいんでしょうかね?
別に「賭け」をしていたわけではないので、まぁ別に良いんでしょうけど。

評論家やマスコミは、どこまでも朝青龍を「悪役」にしたいらしく。
品格とか何とか言われているけれども、以前より良くなっている点は評価してもいいのでは?
「駄目押し」は良くないですが、しかしそれは「勝ちたい」という強い気持ちの表れだと思うんですね。
そこまでの気迫を持った力士が、果たして今の相撲界に何人いるんでしょうか。

何より、場内でのあの声援が朝青龍という力士がどういう存在であるかを如実に物語っていると思います。
「悪役」「嫌われ者」というキャラクターを与え、面白く書き立てようとするマスコミの思惑など
とうに超えた存在になっているんですね。
朝青龍が本当に引退しようとしたら、相撲協会は必死で引き止めるんじゃないかと思ってしまいます。

「久しぶりに『朝青龍』に戻った気がする」
決定戦後のコメントがとても印象的でした。
まだまだ「朝青龍」で居てくれなければ困るんですけどね。
【2009/01/26 17:35】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
さらなる1ページ
ブラビッシモ、ベッテル! (F1-live.com)
15/09/08 02:59

雨雲が襲ったモンツァで14日(日)、トロ・ロッソのセバスチャン・ベッテルが偉大かつ歴史的なパフォーマンスを披露して自身、そしてチームの初勝利を手にした。

難しいコンディションで優勝を果たしたベッテルはF1史上最年少で表彰台の頂点に立ったドライバーとなった。

もうひとつ、STR3がフェラーリエンジンを搭載しているとはいえ、ファエンツァを拠点とするトロ・ロッソがこの51年間で初めてフェラーリ以外で優勝したイタリアチームになったことを特記しておきたい。

また、トロ・ロッソの初優勝によって、今回はチームの共同オーナーとしてではあるが、元F1ドライバーであるゲルハルト・ベルガーの表彰式参加を再び可能にした・・・。

ポールポジションからスタートしたベッテルは一度もポジションを落とすこともなく、ミスを犯すこともなくトップでチェッカーを受けている。

残念ながら、予選で4番手タイムを記録し、上位入賞を目指してレースに挑んだチームメイトのセバスチャン・ボーデはグリッドでエンジンがストールしてしまった。マシンはピットレーンに戻され、走りだすことはできたものの、その時点で1周遅れ。最終的には18位で完走している。

時に予測のつかない事が起こるから、F1は面白い。
しかし、予選前にイタリアGPの勝者をセバスチャン・ヴェッテルと予想した人は世界中におそらく一人もいなかったのではないでしょうか。
もちろん優勝して欲しいと願うファンは大勢いたとは思いますが、彼がこれほど早く表彰台の頂点に立つとは誰も考えもしなかったことでしょう。

昨日の決勝は激しい雨のためセーフティ・カー先導によるスタートとなりました。
セーフティ・カーが抜けた後、ヴェッテルは素晴らしい加速を決めて後続を寄せ付けず、2位につけていたヘイキ・コヴァライネン(マクラーレン)すらもどんどん引き離してリードを守りました。
この日のヴェッテルおよびトロロッソのチームワークは素晴らしく、ピットストップのタイミングなど作戦がことごとく的中し、まさに完璧なレース運びで終始独走状態。
ルーキーらしからぬ鮮やかなポール・トゥ・ウィンを決めたのでした。

唯一危ないと思えた場面は、1ピットストップ作戦で勝負に出たルイス・ハミルトン(マクラーレン)が、15番手スタートから脅威の追い上げで2位までポジションを上げ、さらにヴェッテルを2秒も上回るラップタイムでみるみる差を縮めた25周目以降。
しかし、勝利の女神はついにヴェッテルを見放すことはありませんでした。
27周目に1回きりのピットストップを終えたハミルトンでしたが、エクストリームウェットタイヤ(溝の深い雨用タイヤ)を履いていたため乾き始めた路面でタイムを伸ばすことが出来ず、スタンダードウェットタイヤ(溝の浅い雨用タイヤ)に換えるため36周目にやむなく2度目のピットイン。このロスタイムが大きく響き、結局ハミルトンはフェリペ・マッサ(フェラーリ)に続く7番手でレースを終えることになりました。
一方のヴェッテルは37周目で予定通りのピットストップを行い、給油と同時にスタンダードウェットに交換。タイムを無駄にロスすることなくトップを快走し、トップでチェッカーフラッグを受けることが出来たのです。

これでF1史上101人目のGPウィナーとなったヴェッテル。
しかもフェルナンド・アロンソ(ルノー)の22歳26日での初優勝を大きく上回る、21歳73日での最年少優勝記録です。
将来のF1は、このヴェッテルを中心にして動いていくのではないかという思いをいっそう強くさせるイタリアGPでした。

Bravissimo!
【2008/09/15 23:38】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新たなる1ページ
F1通算22戦目のベッテルが初ポール! (F1-live.com)
14/09/08 03:00

昨シーズン途中からF1のレースドライバーに昇格したセバスチャン・ベッテルが、F1通算22戦目にして初めてポールポジションを獲得した。また、これまでフェルナンド・アロンソ(ルノー)が保持していたF1史上最年少ポールポジション獲得記録を更新したことにもなる。

チームメイトのセバスチャン・ボーデも4番手につけ、トロ・ロッソは1列目と2列目からイタリアGP決勝をスタートすることになる。

昨晩、なにげなくMSN産経ニュースのスポーツページを見ていたら、「F1イタリアGP予選、フェテル初PP」という記事が。
予選の地上波放送前だったので「え? フェテルって誰!?」状態。
最初は同じトロロッソのセバスチャン・ボーデかと思ったのですが、セバスチャン・ヴェッテルの方でした。本来ドイツ語では「V」は「f」の発音なんですね。
トロロッソの2人は名前が同じなので紛らわしい……来週トロロッソのテストに参加するブエミも「セバスチャン」だし。

それにしても、これは素晴らしい記録です。
激しい雨の中トップチームが軒並み脱落した結果とは言え、下位チームでポールポジションを獲るというのは尋常なことではありません。
フェルナンド・アロンソ(ルノー)の最年少PP記録を抜いたことで、最年少優勝、そして将来のチャンピオンへの期待が一気に高まったといえるでしょう。
今日の決勝でヴェッテルがそのまま優勝するのは、通常で考えればかなり難しいことです。しかしコンディション次第ではそのまま最年少ポール・トゥ・ウィンという可能性も大いにあります。
今のところ最も優勝に近いのは、手堅く2番グリッドを獲得したヘイキ・コヴァライネン(マクラーレン)でしょう。ギリギリで予選第2ラウンドを通過し、6番グリッドに滑り込んだフェリペ・マッサ(フェラーリ)も十分優勝を狙える位置にいます。
アタックのタイミングを逃したキミ・ライコネン(フェラーリ)とルイス・ハミルトン(マクラーレン)は14、15番手からのスタートでかなり苦しいポジションですが、マシンのポテンシャルから言えば全く可能性が無いわけでもありません。
予選と同じく、どんなレースになるのか予想がつかない状況です。

一方、先週のベルギーGPで終盤までトップを快走しながら残り数週で降りだした雨に泣かされたライコネン。
フェラーリの地元イタリアで連覇への望みを繋ぎたいところですが、後方からのスタートで非常に厳しいレースを余儀なくされることになってしまいました。
今シーズンは不運の連続で、本来の速さを発揮できずにいる現チャンピオン。このまま若手やチームメイトにチャンピオンの座を譲ってしまうことになるのか。
ここからなんとか復活し、シーズン終盤まで意地を見せて欲しいと願うところです。
【2008/09/14 13:43】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
どうする秋場所
解雇撤回を求める 露鵬と白露山 (MSN産経ニュース)
2008.9.12 20:32

 尿検査で大麻の陽性反応が出て日本相撲協会を解雇されたロシア出身の元力士、露鵬と白露山の兄弟が12日、東京都中央区の自宅マンション近くの公園で、解雇後初めて記者会見した。大麻吸引をあらためて全面否定し、法廷闘争を含めて協会に解雇の撤回を求めていく意向を示した。

 露鵬と白露山は「解雇を認めない。検査結果を認めない。大麻を吸っていません。最後まで一生懸命、戦うので私たちを信じてください」と述べた。再発防止検討委の親方に6月のロサンゼルス巡業で大麻を吸ったことを認めた-と報じられた点についても「認めていない。そういう話はしていない」と否定した。

 代理人の塩谷安男弁護士は13日にも、検査の手続きや主流煙と判断した根拠などについての質問状を協会に提出。回答次第では、処分撤回と名誉回復を求めて法的手段に訴える方針を表明した。

大麻問題で揺れる大相撲。
若ノ鵬はともかくとして、露鵬と白露山に関してはどうもキナくさい匂いが……
ロシア出身で、しかも若ノ鵬と付き合いの深い2人の力士がそろって陽性反応が出るって、なんか話が出来すぎてると思うんですが。
まぁ検査をした機関は国際的にも認められた信頼のおける所のようですし、検査結果を覆すのはどう考えても困難ですからやはり2人は「大麻を吸っていた」ということなんでしょう。
大麻取締法では吸っただけでは違法にならないとはいえ、解雇処分というのは常識的に考えれば妥当な判断ですし。

さて、間もなく始まる九月場所。
大麻ばかりが取りざたされているせいで何に注目すればいいのかさっぱり分かりません。
先場所の見所といえば、綱取りを目指す琴欧州と、意地を見せたい2横綱の三つ巴の優勝争いでした。
が、蓋を開けてみれば大本命の琴欧州は初日に安美錦に敗れてからというもの綱取りどころか優勝争いからも遠ざかる体たらく。
朝青龍も場所前からの不調から立ち直ることなく休場し、空気の読めない白鵬が一人勝ちするという今年一番のつまらない場所となってしまいました。
で、九月場所の本命はやっぱり白鵬。それ以外では朝青龍が完全復活なるかどうか、新三役になった力士、そして若手の実力派力士がどれだけの結果を残せるかなど、探せば話題はけっこうあるわけです。
しかし、力士や親方、相撲協会の相次ぐ不祥事の連続ですべては台無し。
国技である大相撲の屋台骨が、ぐらつくどころか完全にひびが入ったような状態で、どれだけのお客さんが足を運ぶのかさえ見当もつきません。
これからの大相撲を背負っていく若い力士達も、これでモチベーションを失ってしまうかもしれないですし……ホント、どうなってしまうんでしょう。

とにかく、期待するのは日本人力士の活躍。
幕内上位でもたついている稀勢の里や琴奨菊あたりを蹴散らして、一気に大関、横綱を狙えるような力士が早く現れてほしいものです。
日本人がもっと頑張らないと、外国人力士にも偉そうなことが言えないでしょうし。
【2008/09/12 23:00】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。