スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
副長の最期
2006年(平成18年)正月時代劇は『新選組!』の続編に決定!

噂には聞いてましたが、昨年の大河ドラマ『新選組!』の続編が正月時代劇として放映されるようです。
…ん?
タイトルの「!」が1個増えたような…?
…まぁいいか細かいことは。

昨年放送された大河ドラマ「新選組!」には、放送終了前後から続編を求める多くの声が寄せられ、終了後半年を経過した現在も、手紙やメールでの続編希望が届いています。


「続編を求める多くの声」っていうより、香○と藤○抜きで見たいって奴が多かったんじゃないのか?と大いに疑ってしまうのだが。というか自分もその一人なんだけど(笑)

でもなんだかんだ言って、素直に楽しみです。新選組というより、やっぱり土方歳三が好きだからなのかもしれない。司馬遼太郎氏の『燃えよ剣』にしたって下巻だけ何度も読み直したくらいですから。
会津戦争~松前城攻城戦~宮古湾海戦~函館戦争
この流れは書いてるだけで痺れます。この間、土方は殆どの野戦で勝利を収めてるんだよね。「戦術の天才」と評価された所以は、新選組時代よりもむしろこの時期の活躍にある。限られたドラマの時間枠でどこまで描写されるのか分からないけど。
気になるのは斉藤一や永倉新八が「回想シーンで登場」になっていること。本編では登場しない…?特に斉藤は函館まで土方と行動を共にするはずなんだけど(その後決別する)…スケジュールが合わなかったのだろうか?

大河ドラマの続編が作られるなんて過去には例がなかったはずだから、非常に人気があったことを改めて思い知らされる。
でも個人的には『義経』の雰囲気のほうが好きなんだけどなぁ。
スポンサーサイト
【2005/10/31 23:52】 | 歴史 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
霜は軍営に満ちて
官房長官に安倍氏=麻生外務・竹中総務、谷垣氏は留任-第3次小泉改造内閣が発足

第3次小泉内閣の顔ぶれが発表されましたね。安倍晋三氏が閣僚の中でも重要ポストに就くのは予想していたけれど、麻生太郎氏が外務大臣になったのは逆に意外。ちょうどNHKで就任記者会見見てたけど、麻生氏のコメントはなかなか面白かったです。これからも靖国神社にガンガン行って欲しいですね
と思ってたらこんな記事も↓

靖国参拝の継続を示唆=安倍官房長官

その調子です。ガンガン行って欲しいですね。
【2005/10/31 23:41】 | 時事・政治 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
叙情的叙事詩(1)


ゲーム音楽のアレンジを考える都合で「ロマンシング・サガ2(以下『ロマサガ2』)」の過去のセーブデータをロードしてみたんだけど…つくづく思った。やっぱり「ロマサガ2」は名作だ、と。

「1」をプレイしたことのない人間が「2」を語るのはおこがましいことなのかもしれないが、しかしロマサガシリーズに関して言えば1~3の3作品は、それぞれほぼ別物として扱ってもいいのではないかと思える。もちろん「マルチシナリオ」「閃きによる技習得」「LV・経験値の概念の排除」「マップ移動」など、共通する要素は幾つもあるのだが…特に「2」は異色度が高い。一国の皇帝が主人公となり、後継者に帝位とともに能力をも継承させながら千年以上にもわたって戦いを繰り広げていくという壮大なストーリーである。もちろんマルチシナリオ制であり、プレイヤーは選択肢によって自由にイベントをこなしていくことが出来る。要するに何をやってもいい。極端な話、たとえ皇帝が崩御したりパーティーが全滅したりしてもゲームオーバーにはならない(!)。後継者に帝位を継がせればそれでゲームを続行出来る。時には、諸般の事情により皇帝を泣く泣く崩御させたり仲間を粛清したりすることも止むを得ないという場面すら出てくる(鬼…)。
しかし、難易度はそれなりに高い。マルチシナリオとは言ってもロマサガ2の場合、何も知らずに選択肢を選んでいくととんでもない歴史が出来上がってしまうこともある(笑)。たとえばあるイベントを途中で放っておいて他のイベントに手をつけてしまうと、その国が滅亡してしまったり、火山噴火で島が住民ごと吹っ飛んだり…(笑)。さらに、進め方次第では決して仲間にならないキャラクターも居るため、全てのクラスを仲間にするためには最初から綿密なシミュレーションが必要。何にせよ攻略本無しで完全なエンディングを迎えるのは至難の業だと思うのだが…
それでも尚このゲームの人気が高い理由は、希少アイテムの存在など所謂「やりこみ度」の高さにあるのではないかと思う。このゲームでは「閃き」によって技を覚えるため滅多にお目にかかれないグラフィックなどもあり、マルチシナリオの特長ともあいまって何度もプレイしたくなる魅力が随所に織り込まれているのだ。その意味では数あるRPGの中でも上級者向けに位置付けられるのかもしれない(※1)。



同じスクウェア(現・スクウェアエニックス)のRPGでも、「ファイナルファンタジー」シリーズと比べてみるといろいろな相違点が見えてくる。「ドラゴンクエスト」以降のRPG概念から見て、「FF」シリーズが基本システムなどにおいて王道的な作りとなっているのに対し、「ロマサガ」シリーズは前述したような革新的なシステムを取り入れている。これは原点となったゲームボーイ版「サ・ガ」(※2)シリーズからの影響が強いということもあるだろう。
ストーリー性に関して言えば、「FF」シリーズでは個々の登場人物のキャラクター性を基点に置いて物語を展開させていく傾向が強い。つまりは人間ドラマに主題を置いていると言える。これに対して「ロマサガ」シリーズでは、主要キャラクターの性格や人間性はプレイヤーの感情移入に任せ、出来るだけ自由なストーリー展開を実現できるように配慮していると考えられる。これによってプレイする人間により千差万別の、まさに「自分だけの」オリジナルストーリーが楽しめるように作りこまれている。
両シリーズで共通する魅力と言えば音楽だ。どちらも旋律を重視し、BGMの範疇を超えてドラマチックな世界を構築している。あえて違いを挙げるとすれば、「FF」音楽担当の植松伸夫氏の曲はオーケストラや民族音楽、ロックなど様々なジャンルの影響を思わせるバラエティに富んだ作品群になっているのに対し、「サ・ガ」シリーズから音楽を担当してきた伊藤賢治氏の楽曲は旋律を徹底的に歌い上げる、ロマンティックなものが多い。過去の作曲家に例えてみると、植松氏をチャイコフスキーとするなら伊藤氏はラフマニノフ、といった印象を受けるのだが、どうだろうか。

なんか「ロマサガ」贔屓の文章になってしまった感があるが、筆者は実はどちらかと言うと「FF」シリーズのほうが好きである(ぇ…!?)。まぁどちらか選べって言われたらの話であって、どちらも素晴らしいゲームだと思っています。たまたまロマサガ2を引っ張り出してきたから思いつくままこんな風に書いてしまったけれど。

で、こんだけ書くからには次は「ロマサガ」のアレンジするかっていうと…うーん…
やんない(何故)



※1…コンピューターゲームにおけるRPGというのは、本来は主人公(プレイヤー)が目的を自分で選びながら冒険を進めていくという、要するに現在で言う「マルチシナリオ」的な要素と、さらに謎解きの要素が強いものであり、難易度も最近のゲームに比べて格段に高いものであった。「ドラゴンクエスト」は多くのファンを獲得し、日本においてRPGという一ジャンルを確立した感があるが、「ウルティマ」など昔からのRPGの根強いファンの間では「『ドラクエ』は多くの人にRPGが簡単だと思い込ませてしまった」といった批判的な感情も強いという。しかし現在、RPGと言えば「ドラクエ」「FF」シリーズに代表される一定のシナリオに沿ってキャラクターが個々の役を演じながら進めていくゲームを指すことが多く、筆者も基本的にはその見方に沿ってRPGという言葉を使っている。

※2…ゲームボーイ版「サ・ガ」シリーズは、「魔界塔士Sa・Ga」「Sa・Ga2 秘宝伝説」「時空の覇者 Sa・Ga3」の3作品のことであり、スーパーファミコン版「ロマンシング・サガ」シリーズの原点なのだが…カタカナで書く時に「・」を抜くようになったのは何でだろう?「ロマ・サガ」と略すことはあっても「ロマ サ・ガ」とはあまり略さないような気がする。Google検索で調べてみたら「・」を抜いただけでヒット数が5倍以上に跳ね上がるんだけど…ちなみにウィキペディアでの表記は「ロマンシング サ・ガ」。まぁいいか、何でも。
【2005/10/30 02:56】 | ゲーム | トラックバック(2) | コメント(0) | page top↑
不可避戦闘音楽(3)
♪Inevitable Battle(mp3)

『ファイナルファンタジーⅣ~バトル2』のアレンジバージョン、漸く一応の完成を見ました。
時間がかかったのはHDレコーダーからパソに落とす時のオーディオインターフェイスの問題で…デジタル録音なのに何故かノイズが入って…で、USB2.0の方に繋いでたのが原因だと判明して一件落着。はぁ。音を扱うデバイスって本当にデリケートなんだよね…

悩みの種だったイントロ部分には、効果音を挿入。…こんなんでいいのか?って感じもするが。
ボス戦=避けられない戦い、ってことで緊張感を表現できればと思い…それにFF4ってけっこうマシン系の敵多いし…つーかなんだかんだ言って、思いつきです。はい。
んでもって終わり方はフェードアウト…手抜きだと言われそうですが(何人聴いてくれるかわかんないけど)んー、つーか無理やり終わらせるの難しいんだよね。強引にコーダつけるくらいならってことで…
…手抜き?うぅむ。

チャレンジするたびに思うんだけど、アレンジって難しい。原曲の雰囲気は絶対残したいんだけど、下手するとそのまんまなモノになりかねないし…
と言いながら、しばらくはアレンジ優先でいこうかなと思ってます。次に何やるかは未定ですが、ちょっとFFから離れてみようかなと。

アレンジに関しては、そのうち別なエントリーで書いてみようと思ってます。
【2005/10/28 19:54】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
止む事無き音色(1)
♪止む事無き音色(mp3)

久々にカタチになった曲。
このあいだの室内楽演奏会で金管五重奏でやった曲です。でもこっちがオリジナルです。もともとはこんな曲です。はい。
…そら金管でやったら難しいわ。

「やんごとなきねいろ」と読みます。別に掛詞を狙ったわけじゃないです。多分言葉の由来がそうなんでしょう。って言ってもどんなんでしょう?って聞かれても分かりかねますが、タイトル自体にはまぁあんまり深い意味はないです。

書いてて思い出したけど、元々はこれって一つの大きなテーマに沿っていくつか曲を書いてみようって考えてたうちの一つだったような気がする。大きなテーマって一体何なんでしょう?って言われても分かりかねますがそんなに大きくない気もします。でも何かテーマがあるっぽいです。
てことは、そのうちでっかい組曲になったりならなかったりするのか?…考えただけでも恐ろしいです。考えないことにします。

とりあえず、この曲を聴いてさくっと鬱になってください(ぉぃ
【2005/10/27 16:03】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
地味に復活。
http://go.fc2.com/ephemera/

引越し以来、ずっと沈黙を続けたままお亡くなりあそばされた(?)筆者のサイト『ephemera』が、この度きわめて地味に復活いたしました。

合言葉は「地味に復活」です(ぇ

えと、だいぶ前から無料サーバーを探し続けていたんですが、どうもしっくりくるのがなく…結局(容量1GBという餌に釣られて)このブログを借りているFC2にしようかなと思ったわけなんですが…
勢いでアカウント取ったはいいが、その後が酷かった。管理ページに何度ブラウザやFTPでアクセスを試みても繋がらない。なんじゃこりゃと思っていろいろ調べても原因不明。ついでにすごい情報を得てしまった。

「UPできるファイル1つあたりのサイズ限界は250KB」
「MP3はUP出来ない」

(゚д゚)ハァ? (゚д゚)ハァ? (゚д゚)ハァ? (゚д゚)ハァ?

…まぁブログ使わせてもらってるわけだから悪口は言いませんが(十分)
結局、アカウント削除して、以前サブで使っていたiswebのサーバーに転がり込むことになりました。でも広告がうざいので(フレーム使ってるから最初凄い事になった)いつかまた引越しすることを考えています。URL転送はちゃっかりFC2を使わせてもらって…

まぁ、あれだ。
合言葉は「地味に復活」(もうええ
【2005/10/27 14:41】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
不可避戦闘音楽(2)
http://blog-imgs-23.fc2.com/m/i/k/mikanagi/inevitablebattle_demo.mp3

『ファイナルファンタジーⅣ~バトル2』アレンジバージョンのデモが出来たので、一部UPしておきます。UP出来るファイルサイズに限界があるんで、冒頭部分しかないうえにサイズ優先のエンコードなので音質激悪ですが…雰囲気だけでも。

今のところ、オリジナルと同じようにループした上でフェードアウトという何の面白みも無いアレンジになってしまってますが、これからもう少しマシに仕上げてみようかと思ってます。特にイントロ…これじゃあんまり芸が無いし…
【2005/10/24 19:35】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
不可避戦闘音楽(1)
『ファイナルファンタジーⅣ~バトル2』のロック・アレンジ・バージョン、原型が出来上がりました。と言っても6つしか音色使ってないんだけど。まぁハードディスクレコーダーの使い方を覚えるためでもあるので…でも、ギターのエフェクトには結構こだわってみました。基本的にはあまりNoizyにならないようにすることを心がけたので、そんなに派手な音ではありませんが。

で、最終的には複数のトラックをひとつにまとめてマスタリングやら何やらをするわけなんだけれど…件のHDRにはその過程でマスタリング・エフェクトというのをかけることが出来て…要するに「最後の仕上げにいっちょ全体にエフェクトかけてみっか」っていうカンジ(?)なんだけど。それにも幾種類かパターンが用意されていて、その中で「Dance」とうのがなかなか変な具合にマッチして、妙にハマってしまいました。つーか、アレンジの趣旨としてはメタル系のサウンドをイメージしてたんだけど…_| ̄|○
つーか、HDRのエフェクトどれもかなりエグいんですけど…特にリバーブ系が…ぅわんぅわん鳴っちゃってワケわかんない。
…ひょっとして元のアレンジがエグいから?Σ (゚Д゚;)

出来たら近々、一部だけでもUPしてみようかなとは思ってます。
【2005/10/24 01:22】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
再起動…?
今日、ハードディスクレコーダーが家に届きました。といっても録画するやつではありません。録音するためのモノ…「マルチトラックレコーダー」というヤツです。8トラック録れます。機材にあんまり詳しくない筆者にとっては「ほとんどミキサーじゃん」て感じなほど、高機能。
最近、音楽のほうもさっぱりだったんですが、久々にやる気を起こしてみました。そもそも何でやる気が無くなってたかって言うと、録音がマトモに出来なかったから。せっかくMIDIでいいカンジのモノが出来ても、パソコンで録音しようとするとほぼ100%音が飛ぶという現象にキレまくり…そりゃやる気無くなるっての。まぁそれ以外にもいろいろと不具合があったもんだから、2週間ほど前にOS再インストールを決行したところ…それなりにイイ感じになったものの、やはり未だオーディオ周りは信頼できず。だって、調子良くたってパソコンの中はノイズだらけなもんだから、そもそもパソコン内のソフトだけで録音&ミックスしようってこと自体にそもそも無理があった。んで、一念発起してオーディオインターフェイス&ハードディスクレコーダーの購入に至ったわけでした。まぁ発起してからかなりの時間が経ってしまったけれど…
さて、中古ながらかなり良好な状態で届いたHDR(めんどいので略)。録音媒体は言うまでもなくハードディスク。ってことで最初に何をするかと言えばフォーマット。マニュアルを見つつ作業開始…ってディスプレイ見てびっくり。マニュアルにも書いてなかったから初めて知ったけど、ハードディスク容量40GBって…!?所詮音録るだけだぞそんなに容量使うかいっつーか買う前に確認しろよって話なんだけど。まぁ予想外に少ないよりは多いに越したことはないんだけど、問題なのはフォーマット。容量多けりゃそれだけ時間もかかるわけで…予想通り待てど暮らせどいっこうに終わる気配がなく…結局6時間ほどかかりました、ハイ。その間、必要になるっぽいケーブルとか買いに行ってきたんだけど。
んで、ようやく今試しに使ってみてるわけですが…とりあえずはずっとほったらかしにしていた「ファイナルファンタジーⅣ」の「バトル2」(ボス戦のBGM)のアレンジをしています。ドラム、ベースの録音が完了、あとはギターとメロディなんだが…はぁ。
ロック・アレンジは難しいです。特にギター。手持ちの音源のギター音にはとりあえず限界を感じているので…自分で弾ければまったく無問題なんだけどなぁ…

オリジナルとしては『星を見る夢』の再録なんかも考えてます。完成したら公開…といきたいところなんですが、MP3をUPするスペースが見つからない_| ̄|○

まぁ、環境は整ってきたので…あとは頑張り次第、かな。
【2005/10/23 02:02】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ペット
1ヶ月以上ほったらかしになっていたんで…テコ入れではないですが(笑)、ブログペットを飼ってみました。こねこらしいです。名前は「カマタリ」です。名前の由来は…最初は「カタマリ」にしようと思ったんだけどうわ何をするやめ(略)

えー、なんか言葉を覚えてくれるらしいけど…エントリーが4つしかない現状では、話しかけても…「解散」とか「怪獣」とか子猫らしからぬことをつぶやくばかりです。はい。頑張って更新します(汗)

たまに話しかけてやってみてくださいです、カタマリカマタリに。
【2005/10/19 21:08】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。