スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
不調
寒過ぎます。
新年早々、体調悪いです。
こんぴーたーの調子はもっと悪いです。
昨日までは4日ほどネットも繋がらない状態でした。
部屋が極寒なせいもあるかもしれません。
こんぴーたーも風邪をひくのでしょうか。

そんなわけですので、ブログの方も突然更新が途絶えるかもしれません。実際止まってましたが。

てゆーか寒過ぎです。
雪も降り過ぎです。
こんなに雪の多い札幌は初めてです。
皆様も体調にはお気をつけくださいませ。
スポンサーサイト
【2006/01/08 18:29】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(19) | page top↑
恒例のヤツ
年の瀬は「第九」。
年明けは「ウィンナ・ワルツ」。

コレデイイノカ?
ダマサレテナイカ?


…と毎年思うんだけど、よくよく考えてみればクラシックの中でも普段あまり聴こうと思わない曲たちですからね。
年末年始くらいはじっくり耳を傾けてみても良いかもしれません。

…しかし、それで本当に良いのか?
そんなありきたりな普っ通の年越し年明けで良いのか?

…って思う人は多分多いハズ。多分。ハズ。
そんなアブノーマルなプレイ時間を過ごしたい人向けの選曲を考えてみる(今から!?)

まずは年越し。
「第九」と言ってもいろんな交響曲作家がいるわけだから、何もベートーベンにこだわる必要はないはずだ。
ショスタコーヴィチの9番はインパクトに欠けるし、シューベルトは番号が変わってしまったのでなんかめんどい。
かと言ってマーラーとかを選んでしまうと、いかにも「俺は濃いぜ」と主張しているようで好ましくない。だいたい本来のマーラーの交響曲第9番は「大地の歌」のハズだし…
ブルックナーは筆者はしょっちゅう聴いてるので新鮮味に欠ける。
ここは思い切ってハイドンあたりはどうだろうか?
筆者も聴いたことないが。

次は新年。
これはなんか難しい。ワルツとかに拘るならチャイコフスキーのバレエ音楽なんかが無難だろうか。交響曲第5番の第3楽章も良いかも。
その線でいくと交響曲第6番第2楽章の「5拍子ワルツ」あたりマニアックで良いかもしれないが、勢いで4楽章まで聴いてしまうと一気にな年明けとなってしまうのでお勧め出来ない。
シュトラウスつながりでリヒャルト・シュトラウスというのもアリだが、なんかネタとしてはありきたりだ。
リヒャルトにするなら選曲に拘るべきだろう。カラヤンのこのCDなんかいいかもね。「死と変容」「メタモルフォーゼン」「4つの最後の歌」が入っている。暗いけど。
間違っても「ツァラトゥストラ」なんか聴いてはいけない。

まぁなんだかんだ言ったところで、もう年は明けてしまったので後の祭りなんだが。
【2006/01/03 13:19】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
第肆最終幻想(2)
「ファイナルファンタジーⅣアドバンス」大晦日についに買ってしまいました。

FF4_01.jpg
※画像はSFC版のものです。

まだ全然進めていません。ようやく飛空挺を手に入れたばかりです。
ゲームのほうは、グラフィックも綺麗になり、おまけ要素も付いてなかなかの出来ではないかと思いますが…
しかし気になる点もいろいろ。

もっとも気になるのは操作感。
特に戦闘中、どうもAボタンのききが悪いような気がします。
またATBゲージが一杯のキャラが複数いた場合、行動順に混乱が生じます。2回連続で行動するキャラもいれば、2人分「おあずけ」を喰うキャラもいたり。
ただしこれは、アクティブモードの場合のみかもしれません。

個人的にはATBゲージは「Ⅳ」ではあまり必要ないと思います。
「Ⅴ」の場合は無いと不便なケースも生じますが…
せめてON/OFFの切替が出来るようにして欲しかった。

音質にももちろん不満があります。
が、GBAなのでこればかりは仕方が無いでしょう。
むしろSFC版の雰囲気をよくここまで残してくれた、という感じですね。
あー、でもパラディンになる時にチラッと聴いた「月の民」のサウンドは酷かったなー。
GBAじゃ低音出ないのかな。

最終戦のパーティを組み替えられるという話ですが、まぁ最初はオーソドックスに行こうかと。
話題の隠しダンジョンもクリア後に拝めるようなので、まだまだ先です。
だいたい、これから厄介な磁力の洞窟が待ってるし。
ローザとの再会の前に、とりあえずオサーンばっかりのパーティから抜け出さなくてはならないですね。

詳しい感想などはまた後日。
【2006/01/02 22:22】 | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2006年
明けましておめでとうございます。

…しかしめでたくないことが。
大晦日は知人の家で鍋をしておりました。
そいで年明けを迎え、帰宅する途中、
コケました。チャリで。
初転びです。酔ってたけど。

そいで帰ってすぐブログ更新しようと思ったのですが、
キーボードの調子が悪くて断念。
ああ不吉。

まぁでも、五体満足で新年を迎えられたからこそ
「明けましておめでとう」と言えるのでしょう。

今年もどうぞよろしくです。
【2006/01/01 20:12】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。