スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
無念の結末(BlogPet)
希汀の「無念の結末」のまねしてかいてみるね

スーパーアグリF1においてチームとして契約を断られなかったスーパーアグリの国際的とドライバーが承認せず、やはり最後まで付きまとった上であると発表しドライバーに至ることに見舞われてしまいますが全く支払われ、日本の仲介によりイギリスの資本提携を見られません。
しかし、本家ホンダは、元F1チーム状況に陥ってブロックし続ける佐藤が望みを解消できず、これが6位にはどうも一貫性を圧倒するなど、初の走りと説明?
昨年の仲介によりイギリスのドライバーに入賞するような困難に参加し続ける佐藤が資本提携を期待を発表。
前回のスペインGP終盤でチームCEO・フライの新規参戦以来様々なイメージダウンはどうも一貫性があったわけで、このチーム株売却という大規模企業と説明しドライバーの新規チームとしてスタートし続ける佐藤琢磨が、まざまざとなる可能性が設立しましたドイツ企業と期待以上の新規スポンサー料が疾走する中でシーズンの開発さえ覚束ないという状態でしただけに代わる交渉相手としてのエンジンを決定するとの純日本チーム株売却という状態でしたわけで長々と説明!!
現在のトランスポーターがいかに至難のメインスポンサーで佐藤が現れていた形で(時事通信)自動車レースのヴァイグル・グループとはありません!!
新規スポンサーで、いったんは乗り切れるかそれが危ぶまれる状況の走りとなったドイツ企業とのチームマネージメントに、やはり最後の今後について「現在のF1を取り巻く環境の中で、今後も安定した活動を継続していくめどが立たず、苦渋の決断を下した」と思われたが承認せましたのカナダGPを左右する姿を去ることとなりましたスーパーアグリの可否を巡って2006年シーズンの資本提携を左右することを獲得もままならず、ホンダに原因が、このチームが進み、条件面であると発表し続ける佐藤琢磨らをする「レースができる環境で戻れるならいいが、この2年半はお金の話ばかりしていた。今は休みたい」と思われ、よりほかは多くのエントリーに際して緊急的と思われて債権者でチームは今季の執念の参戦♪

*このエントリは、ブログペットの「カマタリ」が書きました。
スポンサーサイト
【2008/05/31 07:32】 | ブログペット | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
支援しなかった(BlogPet)
希汀と、支援しなかったー。
でも、希汀で夏希っぽい会話するはずだったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「カマタリ」が書きました。
【2008/05/24 08:21】 | ブログペット | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
サイン(BlogPet)
きのうはサインするつもりだった。

*このエントリは、ブログペットの「カマタリ」が書きました。
【2008/05/17 07:30】 | ブログペット | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カマタリ(BlogPet)
カマタリは磨きがほしいな。
希汀もほしいかな?

*このエントリは、ブログペットの「カマタリ」が書きました。
【2008/05/09 07:48】 | ブログペット | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
無念の結末
スーパーアグリ、F1撤退=参戦3年目、資金難で (時事通信)

自動車レースのF1世界選手権シリーズに参加していたスーパーアグリ(鈴木亜久里代表)は6日、資金難を理由に同シリーズからの撤退を発表した。東京都内で記者会見した鈴木代表は「現在のF1を取り巻く環境の中で、今後も安定した活動を継続していくめどが立たず、苦渋の決断を下した」と語った。
同代表は撤退が一時的となる可能性を否定した上で、「資金的に続いていけば可能だったかもしれないが、難しかった」と説明。今後について「レースができる環境で戻れるならいいが、この2年半はお金の話ばかりしていた。今は休みたい」と疲労感をにじませた。
同チームは今季の開幕直前、いったんは英国企業が資本参加すると発表したが交渉は決裂。5月にはドイツ企業との資本提携を模索するなど活動継続を目指したが、条件面での詰め、時間的な制約で間に合わなかった。

スーパーアグリは、元F1ドライバーの鈴木氏が設立して2006年シーズンから新規参戦。ホンダのエンジンを搭載しドライバーに佐藤琢磨らを起用する「国産チーム」としてスタートし、昨季のカナダGPで佐藤が6位に入賞するなど健闘も見せた。しかし、有力スポンサーに恵まれずに慢性的な財政難を解消できず、志半ばでF1界を去ることになった。

2008年5月6日 17時05分 時事通信

スーパーアグリF1チームが、第5戦トルコGPを目前にしてついにF1から撤退することとなりました。
スーパーアグリは2005年、初の純日本チームとして旗揚げを果たし、日本のF1ファンの注目と期待を一身に浴びました。昨年は参戦2年目にもかかわらず、第6戦カナダGPで佐藤琢磨が前チャンピオンのフェルナンド・アロンソをオーバーテイクして6位に入るなど、本家ホンダを圧倒する勢いを見せていただけに、非常に残念に思います。

今年は開幕前から深刻な資金難に陥っていることが伝えられ、今シーズンの成績を左右する合同テストにも参加できないばかりか、新しいマシンの開発さえ覚束ないという状態でした。
昨年のメインスポンサーであったSSユナイテッドからのスポンサー料が全く支払われなかったことや、カスタマーシャーシ問題を巡ってスパイカーから訴訟を起こされたことなどが大きな打撃となったようです。
新規スポンサーの獲得もままならず、今シーズンの参戦自体が危ぶまれる状況に追い込まれていた中、ホンダのチームCEO・ニック・フライの仲介によりイギリスのマグマ・グループへのチーム株売却という形でチーム再建計画が進み、なんとか今シーズンは乗り切れるかと思われていました。しかし、第4戦スペインGPを前にしてマグマ・グループとの交渉が一転して破談。それに代わる交渉相手として鈴木亜久里代表が望みをかけたドイツのヴァイグル・グループとの交渉はニック・フライが承認せず、とうとう万策尽きた形でシーズン途中での撤退に至ることとなりました。
ゼロからのスタートということで参戦以来様々な困難に見舞われたスーパーアグリですが、やはり最後まで付きまとったのは資金不足でした。現在のF1においてチームを経営するということがいかに至難の業であるかを、まざまざと見せつけられた感があります。

ここで不可解なのは、参戦当初から支援を表明してきたはずのホンダの動向です。
スーパーアグリのスペインGPへのエントリーに際して緊急的に資金援助を行ったホンダは、今後は援助を行わないと発表。そして今月3日、次戦開催地のイスタンブールF1サーキットに到着したスーパーアグリのトランスポーターがパドックへの立入りを断られ、スタッフ共々閉め出されるという事態が発生しました。
サーキット側は「ホンダ関係者からスーパーアグリは出走しないと告げられたため」と説明したようですが、これが事実とすれば奇妙なことといえます。技術提供者にして債権者であるとはいえ、ホンダには他チームの出走の可否を決定する権限などあるはずもなく、サーキット側にそのような申し入れをすることは甚だ筋違いだからです。
おそらくは三者の間に何らかの齟齬があったものと思われますが、この事件によるホンダチームの大幅なイメージダウンは免れないでしょう。
今回に限らず、ホンダの動きにはどうも一貫性が見られません。昨年の成績不振はテクニカルな部分ではなく、チームマネージメントに原因があったのではないかと穿ってしまいます。

さて、気になるのは2人のドライバー、佐藤琢磨とアンソニー・デヴィッドソンの今後です。
2人について鈴木亜久里代表は会見では明言しなかったようですが、今シーズン中に新たにシートを獲得することは困難でしょう。来シーズンに関しても優秀な若手ドライバーが台頭する中でレギュラードライバーとして契約を結ぶのは厳しいものと思われます。
前回のスペインGP終盤では、追い上げるレッドブルのデイヴィッド・クルサードを3周に渡ってブロックし続ける佐藤琢磨の執念の走りが国際映像で長々と映し出され、このチームとドライバーへの国際的な関心の高さを思わせました。皮肉にもそれがスーパーアグリでの最後の走りとなってしまいましたが、苦しいチーム状況の中でも期待以上の結果を残しただけに、今後の活躍を祈るよりほかはありません。

スーパーアグリはコンストラクターとしての活動を終えますが、これで日本チームの参戦が終わったわけではありません。鈴木亜久里氏の情熱が、ヨーロッパ主体のF1という大規模スポーツイベントに一石を投じ、大きな影響を与えたことは否定できない事実です。日の丸をイメージしたスーパーアグリのマシンが疾走する姿を見て、より多くの日本人がF1に注目するようになったことは間違いありません。
大規模企業以外の新規チームの参戦には多くの困難が伴いますが、いつの日かそれを乗り越えてスーパーアグリの情熱を受け継ぐチームが現れてくれることを期待したいと思います。
【2008/05/07 23:27】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
希汀は収束してくれるかな(BlogPet)
きょうは希汀と失敗しようかな。
希汀は収束してくれるかな。

*このエントリは、ブログペットの「カマタリ」が書きました。
【2008/05/02 07:31】 | ブログペット | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。