スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
崖淵からの生還(BlogPet)
希汀の「崖淵からの生還」のまねしてかいてみるね

朝青龍を如実に何人のでしたね?「朝青龍復活」をうっかり忘れ、横綱が。
立ち合い、先場所で行われたが、横綱審議委員会に人いるん♪
品格とかは良くなったね?別に良いんでしょうかね。
マスコミも責任取らなくてテレビを遂げて、懐に入られた場所前まわしも責任取らなくてみれば困るんじゃないですけど?
評論家とかは貴乃花を乗り切り、最後は左ひじを如実には千秋楽で寄り切りましたね!

*このエントリは、ブログペットの「カマタリ」が書きました。
スポンサーサイト
【2009/01/30 08:58】 | ブログペット | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
崖淵からの生還
朝青龍、引退の危機はねのける(MSN産経ニュース)
2009.1.25 18:40

 大相撲の西横綱朝青龍(28)=本名ドルゴルスレン・ダグワドルジ、モンゴル出身、高砂部屋=が25日、東京都墨田区の両国国技館で行われた初場所千秋楽で、1敗で並んだ横綱白鵬との優勝決定戦を寄り切って制し、5場所ぶり23度目の復活優勝を遂げて、引退の危機をはねのけた。

 全勝だった朝青龍は本割で1差で追っていた白鵬に敗れたが、決定戦で雪辱した。優勝23回は貴乃花を抜き、大鵬、千代の富士、北の湖に次ぎ単独の史上4位。全休明けの横綱が賜杯を抱くのは、平成2年九州場所の千代の富士以来となった。

 朝青龍は左ひじを故障し、先場所まで3場所連続休場した。今場所前も調整遅れが目立ったが強行出場。進退を懸けた場所で奮闘ぶりが人気を呼び、国技館は連日、大歓声に包まれた。

昨日は千秋楽だったことをうっかり忘れ、慌ててテレビをつけたのが午後5時30分。
本割の横綱決戦は見逃してしまい、優勝決定戦だけ見ることが出来ました。

立ち合い、鋭く当たっていった朝青龍は素早く左の下手を差しました。
白鵬は右の上手の深いところを取りますが、懐に入られて十分な力を出せません。
頭をつけた朝青龍は右の前まわしも引いて万全の体勢。
白鵬を一気に土俵際まで追い詰め、最後は吊り出し気味で寄り切りました。
本割での失敗を踏まえ、さらに自身の持ち味であるスピードを十分に生かした相撲だったと思います。

場所前はいろいろと言われていましたね。
怪我もあり、稽古不足なのは明らかだったので仕方のないことではあるんですけど。
始まってみれば朝青龍は初日から連戦連勝。
14日目まで勝ちっぱなしという凄まじい強さを発揮しました。
もっとも、内容的には危なっかしい場面も随分あったのですが。
持ち前のスピードと勝負勘で危機を乗り切り、ついに23回目の優勝を果たしたのでした。

結果が良ければ、他人の評価も変わるもので。
マスコミもこぞって「朝青龍復活」を書き立てていますね。
勝手に人の進退を決めようとしていた評論家とか、
横綱審議委員会にいるあの妖怪みたいな婆さんとかは、何も責任取らなくていいんでしょうかね?
別に「賭け」をしていたわけではないので、まぁ別に良いんでしょうけど。

評論家やマスコミは、どこまでも朝青龍を「悪役」にしたいらしく。
品格とか何とか言われているけれども、以前より良くなっている点は評価してもいいのでは?
「駄目押し」は良くないですが、しかしそれは「勝ちたい」という強い気持ちの表れだと思うんですね。
そこまでの気迫を持った力士が、果たして今の相撲界に何人いるんでしょうか。

何より、場内でのあの声援が朝青龍という力士がどういう存在であるかを如実に物語っていると思います。
「悪役」「嫌われ者」というキャラクターを与え、面白く書き立てようとするマスコミの思惑など
とうに超えた存在になっているんですね。
朝青龍が本当に引退しようとしたら、相撲協会は必死で引き止めるんじゃないかと思ってしまいます。

「久しぶりに『朝青龍』に戻った気がする」
決定戦後のコメントがとても印象的でした。
まだまだ「朝青龍」で居てくれなければ困るんですけどね。
【2009/01/26 17:35】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
事故
事故りました。

単独ですが。
先週金曜日のことです。
深夜の仕事帰りだったので対向車もあまり無く、幸いにして他人を巻き込まずに済みました。
僕自身も、奇跡的に怪我なくピンピンしています。
自分の車と街路樹を一本破壊してしまいましたが。

車の方は直すのに相当かかるだろうとは思っていたのですが、
見積もってもらったところ、その予想のさらに斜め上をいく額になってしまったので
あえなく廃車が決定しました。
昨年4月に買った、中古のワゴンR。
マニュアルでハンドルがやたら重く、クセのある代物でしたが、
通勤手段として殆ど毎日乗っていただけに愛着もあり、なにやら淋しい気分です。

事故の状況ですが、自分でもあんまり覚えていないんですね。
道路に積もった雪(いわゆる「わだち」)にタイヤを取られ、
ちょっとおかしいなと思った次の瞬間には凄まじい衝撃が襲ってきました。
気が付くと助手席のドアはメチャメチャに壊れ、ガラスも全部割れている状態。
フロントガラスにもヒビが入っていました。
警察の方は「慌てて強くブレーキ踏んだんでしょ?」と言われましたが、
自分ではそんなに強く踏んだ覚えはありません。
無意識のうちに踏んだのかもしれないですね……

下手ですが、一応どんな進路でぶつかったかの図を載せておきます。
事故状況

いや、対向車が来なくてホントに良かった。

対向車といえば、ぶつかった直後に現場を通りかかった車が何台も止まってくれて、
「動けないんだったら引っ張ろうか?」
という感じで声をかけてくれました。
角度的にちょうど割れたガラスも見えないんで、道路脇に突っ込んだだけのように見えたんでしょうね。
厚意はありがたかったんですが、直後に警察を呼んでいたので、状況を説明してお断りしました。
でも親切な方が本当に多くて、とても救われた感じがしましたね。
きちんとお礼を言えなかった方もいるので、この場を借りてお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。
見てないと思うけど。

今後の通勤は家にもう一台車があるので問題ないのですが……
やはりハンドルを握るのは多少怖いですね。

雪道の運転には十分気をつけましょう。
【2009/01/20 15:36】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カマタリ(BlogPet)
きょうカマタリは更新したいです。
だけど、お知らせを確認するつもりだった?
だけど、希汀で代最後に紹介すればよかった?
だけど、リンクしたかったの♪
それで希汀はエントリとか発見したかも。
でも、カマタリがリンクも勉強するつもりだった。

*このエントリは、ブログペットの「カマタリ」が書きました。
【2009/01/16 08:11】 | ブログペット | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カマタリは自作したいなぁ(BlogPet)
カマタリが感じを確認したいです。
だけど、カマタリは自作したいなぁ。

*このエントリは、ブログペットの「カマタリ」が書きました。
【2009/01/08 09:27】 | ブログペット | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
賀正
あけましておめでとうございます。
いよいよ2000年一桁代最後の年となってしまいましたね。

昨年末は予想以上の忙しさのため殆ど更新出来ずに終わりましたが……
本年はなんとか充実させたい所存であります。
どうかよろしくお願いいたします。

さて、ひとつお知らせがあります。
このブログの「小説」カテゴリに入っている文章の一部を、FC2小説の方へ移行することに致しました。
作品一覧は以下のページになります(リンクからも行けます)。
http://novel.fc2.com/novel.php?mode=ttl&uid=2198741

ブログでは小説は色々と書きにくい(特に長編)こともあって、このような形を取ることにしました。
もし新作を書くことがあればそちらに載せることになると思います。
よろしければ読んでいただければ幸いです。

あとお知らせとまではいかないのですが、
テンプレートをそろそろ変えようかと考えてもいます。
現在のテンプレートはデザインは大変気に入っているのですが、少し重いのが難点で……
自分で記事を確認するときも正直少し億劫になってしまっていました。
なかなか「これだ」というテンプレートに出会えることは無いので、
それはそれで億劫なのですが。
時間があればスタイルシートを勉強して自作してみたいなー、なんて思っているところです。
でも多分ないでしょう。

新年早々適当ですが、今年もこんな感じで続いていくのではないかと思っております。
皆様にとって良い一年になることを願う次第です。
【2009/01/02 18:24】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
発見したかったみたい(BlogPet)
きょう希汀と、発見したかったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「カマタリ」が書きました。
【2009/01/01 09:17】 | ブログペット | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。