スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
中世の山城・楯山城と左沢
史跡・山城を生かしまちづくり 大江で全国サミット(山形新聞)
2008年10月18日 22:02

 大江町で18日、第15回全国山城サミット連絡協議会大江大会が始まった。参加者が同町の左沢楯山城跡を見学するなどして山城を生かしたまちづくりについて考えた。

 同サミットは、山城の史跡を抱える全国の市町村が持ち回りで毎年開催している。県内では大江町のほか、米沢市と上山市が同協議会に加盟している。

 今大会には全国各地の14自治体や地域史研究会などの10団体、一般住民も多数参加した。町民ふれあい会館で開かれたサミットは、同協議会会長の渡辺兵吾町長のあいさつで開幕。各地の山城紹介や文化庁文化財部記念物課の鈴木地平文部科学技官による記念講演などがあり、「地域住民とともに山城を保存・活用し、地域の誇りとしていくことが次世代への歴史遺産の継承につながる」と全国山城サミット宣言を行った。

 また、14世紀後半に築城されたと推定される左沢楯山城跡の現地見学会も開かれた。参加者は敵の攻撃を防ぐために人工的に登りにくくしている地形や建物跡が見つかっている場所など、さまざまな痕跡を見学。中世の人々の生活に思いをはせながら山城の跡を散策していた。町は現在、文化庁に同山城跡の国史跡指定を申請している。

 19日午前9時半からは、山城とまちづくりをテーマにしたシンポジウムが開かれる。

全国山城サミット連絡協議会に参加した一般住民の一人です、はい(笑)。

左沢(あてらざわ)楯山城という、全国的にはマイナーな――というか県内ですらマイナーな――城跡について、いろいろと学んで参りました。
マイナーですが、中世の山城としては全国有数の規模であるとか。
城跡のある大江町左沢という土地は、山形県のちょうどど真ん中にあたる場所で、古くは最上川の舟運で栄えた町です。
左沢楯山城は14世紀、左沢元時によって建てられたと言われています。元時という人物は、鎌倉幕府政所の初代別当であった大江広元の子孫にあたります。
左沢氏が最上義光に滅ぼされた後、城は最上氏の所有となりますが、元和八年に最上氏が改易されてまもなく廃城となってしまいました。

携帯でしょぼい写真を何枚か撮ってきましたので、紹介したいと思います。

曲輪

左沢楯山城の特徴は、小さな曲輪(くるわ)が非常にたくさん連なっているという構造にあります。
曲輪というのは坂や崖を平らにし、建物や柵を作って敵を防いだ防御施設です。
写真では分かりにくいですが、幾つもの平地が段々畑のように階層構造になっています。

「寺屋敷」

上の写真は「寺屋敷」と呼ばれている場所です。
城内で最も広い平地であり、迎賓館の役割をしたとみられる大きな建物の跡が発見されています。

矢竹(やだけ)

矢竹とは、その名のとおり矢を作る材料となった竹。
城跡の至るところに生えており、この土地に戦乱の時代があったことを忍ばせます。

「日本一公園」からの眺望

城跡である山の一角は楯山公園と呼ばれ、観光スポットとなっています。
別名はなんと「日本一公園」!
地元の住民はなんら違和感無く「日本一」と呼んでいます。
しかし、ここからの眺めは実際素晴らしい。
最上川と川沿いの町並みが一望できます。

そうそう。
全国的にも有名な『最上川舟唄』は、この町が発祥の地であることを追記しておきます。
スポンサーサイト
【2008/10/19 18:19】 | 歴史 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<参加(BlogPet) | ホーム | 獲得したかったみたい(BlogPet)>>
コメント
歴史感はすごい。私の祖父は左沢生まれで子供の頃正月やお盆にはよく帰省し今はない町民プールや灯篭流しに花火大会を見に行った懐かしく暖かい思い出があります。今は亡き祖父や祖母の優しさを感じる町です。
【2008/12/23 04:02】 URL | なべ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mikanagi.blog20.fc2.com/tb.php/263-909717d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。